ダイエット

食べ過ぎた!増えた体重を戻す方法

皆さまこんにちは

夢見るキラキラ主婦  萌 リノ (@kirakira_lino_)です。

 

新年明けまして、もう10日が過ぎようとしています。

いががお過ごしでしょうか?

 

今回は、年末年始に崩してしまった生活スタイルと体調や増えてしまった体重を戻すために、筆者が実際に増えた体重を戻す事が出来た方法をお知らせしたいと思います。

 

 

 

 

年末、クリスマスや度重なる忘年会やお正月、新年会などなどこの時期食べたりお酒を飲んだりする機会がたくさんあります。

 

イベントが多いがゆえに楽しむことも多いと思いますが、身体はじわじわと悲鳴を上げています。

 

毎日のように夜遅くまで飲んで食べて、、、次の日遅くまでダラダラ寝て過ごす。

もしくは、あまり睡眠をとれずに仕事に行き、また飲みに行くの繰り返し、、、

 

その時は、楽しいかもしれませんが確実に身体には変化が現れます。

気が付いたら、びっくり!!かなり体重が増えてたなんてこともあるかもしれません。

 

新年明けて気持ち新たに頭も心も身体も一新スッキリ切り替えましょう!!

 

食事の内容を変える

 

一般的に多くの人が思う美味しい食べ物とは、揚げ物など油っこいものや、美味しい調味料をふんだんに使った味の濃い食べ物です。

 

俗にいうジャンキーな食事です。

脂質が多いうえに、味が濃いので塩分や糖分が多いです。

 

"no-img2″
リノ

そうそう、とっても美味しくてついつい食べ過ぎちゃうの

 

塩分は、7g 摂取すると塩分濃度を一定に保つために一リットルの水を必要とします。ラーメン一杯食べると、浮腫みで1kg増えるということです。

 

糖質は、1g 摂取すると3g の水分をふくみます。

 

 

1日の摂取カロリーを、2000kcal摂ったとします。そのカロリーの50%を炭水化物で摂取したとします。1000kcal分の白米は、およそ600gになりますから炭水化物は220gぐらいになります。つまり、660g 浮腫んでしまうのです。

 

このような、普通の食事をしていても、浮腫みはおこります。

 

"no-img2″
リノ

えっ!!そんなに??いつの間にかかなり浮腫んでたかもしれない

 

居酒屋のお料理は美味しい物が多いですよね。

美味しいお料理たくさん食べて、お酒もたくさん飲んで、しめでかえりにラーメンなんて食べたら、大変なことになります。

 

血液がドロドロした様な何となくスッキリしない感じになります。

 

低脂質、高たんぱく、低カロリーで味の薄い食事に切り替えましょう。

急な体重の変化は、ほとんどが浮腫みなので塩分を控えめにするだけで次の日スッキリしてきます。

 

味が薄いと素材の味がして、身体にホッとしみていくのが分かります。

薄味の具だくさん味噌汁と玄米ご飯など、、、身体が喜ぶ食事をしましょう。

 

運動をする

 

 普段から運動している人でも年末年始は、運動不足になりがちです。

12月はとくに何だか忙しいです。飲んで食べる用事も多くて、時期的にとても寒いです。

 

ただでさえ、寒いので身体の筋肉もこわばってしまいます。

 

運動して筋肉を動かすことで血液のめぐりが良くなります。身体に血がめっぐていくのが分かると思います。

 

塩分を摂り過ぎている人は、運動して汗かくことで身体はスッキリするでしょう。

 

汗に含まれる塩分濃度は、個人差やその時の体調にもよりますが、0、4%位と言われています。

 

夏場の一時間程度のウォーキングでの汗による塩分排出量は2g程度です。ラーメンい一杯6~7gの塩分が含まれますから、塩分を排出するのに3時間くらい歩く必要があるということです。

 

冬場は岩盤浴やサウナに行って汗をかいたり、半身浴をしてみたりも良いかもしれません。

 

プールに行って泳ぐ場合、カロリー消費は平泳ぎよりクロールの方が有効的だそうです。

 

"no-img2″
リノ

足の浮腫みが気になる時や、身体がこわばって寒いときワイドスクワットをしてるよ(^^♪

 

ジムに行く暇がない、寒くてめんどくさい、そんな時は家でホームトレーニングでも良いんです。

 

例えば

 

ツイストクランチ 15回 1セット

 

スクワット    15回 1セット

 

 

だけでも良いんです。

 

少しだけでも良いから身体を動かしてみて下さい。

少しずつ身体の中からスッキリしていくでしょう。

 

 


ヒップアップスクワット

 

アルコールは週末だけにす

 

 お酒を飲むと、身体がフワフワして理性も少しだけ乱れてお料理は美味しいし、とても楽しい時間を過ごすことが出来ます。

 

だからついつい、また飲みたくなってしまいます。

誘われれば、断るどころか喜んで飲みに行っていしまいます。

 

その時は、楽しめるしストレス解消にもなるから良いのですが、身体にはとても負担がかかります。

 

年末年始は、楽しんでお酒を飲んだならその分身体をいたわってあげましょう。

 

アルコールを摂取すると肝臓が摂取したアルコールを代謝をしようと忙しくなります。

肝臓には、他にも『糖質代謝 たんぱく質代謝 『脂質代謝 などの機能があり、アルコール代謝で忙しくなってしますと結果としては、他の栄養成分の代謝が出来なくなってしまいます。

 

結果、糖質や脂質が溜まってしまいます。お酒をあまり大量に毎晩のように飲んでいると、脂肪の蓄積にもつながってしまうのです。

 

したがって、お酒は週末の楽しみにして休刊日を作る事が大切です。

土曜日は、お疲れ様でお酒を飲む日と決めて一週間お酒を断ちます。

 

一週間お酒を我慢した分、ちょっとだけリッチなお酒を買ってみて少しだけ飲んでみたりしてみると、またグッと週末が楽しみになりますし、身体を休ませることもできます。一石二鳥ですね!

 

お酒はガバガバ飲むのではなく、ちょっとだけいいお酒を楽しめるようになるとレベルの高い飲み方出来ると思います。お酒は、レベルの高い趣味にしましょう!

 

身体を休ませる(ホルモンバランスを整える)

 

年末年始は、食べたり飲んだりする機会が多いですが、師走と言われるだけあって何だか忙しいです。仕事はもちろんの事、家族の用事や親せき付き合いなど、、、

 

公私ともに忙しいですね。飲み会などで楽しんではいるものの疲れはしっかり溜まっていきます。疲れやストレスがたまると自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

自律神経のバランスを崩してしまうと、ホルモンのバランスも乱してしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れると美容だけではなく、ダイエットにも悪影響を及ぼします。

疲れやストレスを感じると分泌される代表的なホルモンで 『コルチゾール』と言うのがあります。

 

ぞくに『ストレスホルモン』と呼ばれています。

 

コルチゾールは、ストレスにより分泌され人間の身体をストレスから守るのです。しかし、血液中のコルチゾール濃度が高くなると、血圧や血糖を上昇したり免疫異能が低下したり、脂肪をため込んだりしてしまいます。

 

 

"no-img2″
リノ

えっ!!ストレスで太るってこと??

 

食べてないのに太るということになる場合があるのです。

 

美容目線だけで言うと、お肌の調子が悪くなったり、あごや口回りにニキビができたり、お腹の調子が悪くなったり、浮腫みがひどくなり体重が増えて戻らなくなったりします。

 

 

"no-img2″
リノ

あごにニキビが出来ちゃったの、、、あごのニキビはなかなか治らないんだよね

 

一般的に身体によくないと言われているジャンクフードを食べることで、自律神経を乱してしまうとも言われています。

 

自律神経やホルモンバランスを整えるためには、ゆっくりのんびり出来る時間を作り心から癒されるように過ごしてみて下さい。

 

お気に入りの音楽を聴いたり、アロマやお香をたいて本を読んだり、のんびりお風呂に入ってマッサージしたり、自分の身体と向き合って過ごしてみて下さい。

 

"no-img2″
リノ

寝る前は寝室でお香をたいてマッサージしてるよ(^^♪ そうするとぐっすり眠れるの

 

食事は、身体に良質な油とたんぱく質と旬の野菜を積極的に摂りましょう。

古き良き日本の食事、それが一番身体に良いんです。 

 

心も身体も休ませてあげて下さい。