メンタルヘルス

ストレスに強くなるメンタル作る方法【瞑想】 

皆さまこんにちは

夢見るキラキラ主婦

萌 リノ  ( @kirakira_lino_ ) です。

今回は、ストレスを無くしたい! 気持ちを楽に生活したい! ストレスの無い幸せな人生を送りたい!人のためのメンタル作り第2弾【瞑想】について解説したいと思います。

ストレスに強くなるメンタル作る方法【瞑想】

瞑想とは?

瞑想とは、一般的に宗教での修行の一環で行われる座禅に似たもの、スピリチュアルでうさん臭いイメージを持たれるかたが多いと思います。

しかし、2000年以降科学的な研究が進んで、脳に良い影響を与えることが分かっています。

人の身体の成長は、ある程度で止まってしまいす。しかし、筋肉はいくつになっても成長することが出来ると言います。それと同様に脳も鍛えれば成長し続けると言うことが最近の研究で分かっています。

世界で有名な大企業Googleが採用している話は有名です。

あの、スティーブ・ジョブズも瞑想を自身の生活に取り入れていると言われています

それでは、瞑想にはどのような効果があるのでしょうか?

瞑想で期待できる効果

近年、瞑想は宗教的な意味合いばかりでなく色々な研究が進められて、科学や医学的にもその効果は実証されています。

 集中力を上げ生産性を向上させる

1日少しでも瞑想を続ける事で、集中力を上げることが出来ます。

人間は、知らず知らずのうちに思考を繰りかえしています。周りにいる人の言動などに、思ったり考えたり、暑い、寒い、痛い、痒い、など

思考を繰り返す事によって集中していない状態が常に続いていて、一つの事に集中していると生きていけないこの現代に慣れていしまった脳は、集中力を無くしているのです。

瞑想をすることで、脳を集中状態にして慣れさせます。そうすることで集中しやすい脳に変えていくことが出来るのです。

結果として集中力を高めることが出来ます。

ストレスが軽減する

瞑想を続ける事で、ストレスや不安を感じる脳の偏桃体と言われる部分に良い影響があると分かっています。

実験では、8週間瞑想を続けた脳は、 ストレスホルモンと呼ばれる『コルチゾール』の分泌が最大51%も抑制され、ストレスが低減する事が分かっています。

睡眠の質を上げる

免疫力の改善、血圧やコレステロール値の改善や、血糖値の低下など検証されています。さらに、交感神経と副交感神経のバランスが整い、結果として睡眠の質が上がると言われています。

精神の安定

瞑想による集中は、深いリラックスを与えてくれ、他人の幸せを祈ると脳の幸福感が上がると言われています。心身が落ち着いた良い状態に導いてくれます。

瞑想の種類

慈悲の瞑想

慈悲の瞑想とは、『生きとし生けるものすべての幸せを祈る』と言う瞑想法です。

ヴィパッサナー瞑想の準備段階で行われる瞑想です。

・最近イライラする

・心が疲れてると感じる

・人に優しくできない

・優しくないりたい

このような人におすすめです。

慈悲の瞑想実践すれば、イライラやストレスが解消して人に対して優しく接する事が出来、人間関係をより良くすることが出来るのです。

最近、職職場や家族など、又は夫婦仲など気になる点がある人は実践してみて下さい。

人に対する慈悲の心は脳科学的にもいい影響を及ぼすと言われています。

慈悲の瞑想全文

私は幸せでありますように

私の悩み苦しみが無くなりますように

私の願い事が叶いますように

私に悟りの光が現れますように

私は幸せでありますように (3回)

私の親しい生命が幸せでありますように

私の親しい生命の悩み苦しみが無くなりますように

私の親しい生命の願い事が叶いますように

私の親しい生命に悟りの光が現れますように

私の親しい生命が幸せでありますように (3回)

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように

生きとし生けるものの願い事が叶いますように

生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように (3回)

私の嫌いな生命も幸せでありますように

私の嫌いな生命の悩み苦しみが無くなりますように

私の嫌いな生命の願い事が叶いますように

私の嫌いな生命に悟りの光が現れますように

私を嫌っている生命も幸せでありますように

私を嫌っている生命の悩み苦しみが無くなりますように

私を嫌っている生命の願い事が叶えられますように

私を嫌っている生命に悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

ヴィパッサナー瞑想

インドの最も古い瞑想法の一つです。

人は、いつでも色々な事を考えて頭の中をいっぱいにしています。

過去や未来の色々な事を雑念、妄想と言います。

この、雑念、妄想を頭の中から全て切り離し、今この一瞬一瞬の現在に注目して集中していくのです。

座って、ただひたすら自身の呼吸に集中し身体の感覚を見ていきます。

呼吸して、肺が膨らむ様子や足が床についている感覚、身体の変化や温かいような冷えるような感覚を感じていきます。

雑念を感じてしまったら、雑念を感じている、と観察します。

そうすることで、雑念、妄想から解き放たれ、今ある物事の真の姿を見ることが出来るのです。

マインドフルネス瞑想

アップルの創業者スティーブ・ジョブスやGoogle、Facebook。Yahooと言った世界的にも有名な企業で取り入れられていると言うことで有名になった瞑想法です。

仕事の作業効率が上がった
 

私生活の充実感が深まった

間関係が良くなった

精神状態が安定した

日々の色々な思考や感情を切り離し今この瞬間に集中します。これを『マインドフルネス』と言います。

呼吸をするときは、空気を吸い込む感じを味わい

食事をするときは、食材の温かさ、食感、味を感じ

出かける時は、空気の温度、空模様、木や花や草などを感じて

音にも集中してみます。

それには、思考や感情は無くして、マインドフルな状態になることで見えてくるいつもと違った世界があるでしょう。

瞑想のやり方

1日5分から

先ずは、1日少しでいいから始めてみよう

3分でも5分でも、出来るだけで良いので続けてみましょう。

慣れてきたら、10分、20分と長くしていきましょう。

続けることが大切です。

朝、寝る前

朝、出勤前に心を沈めて瞑想してから出勤すると、落ち着いた1日が過ごせます。

夜帰ってきて寝る前にベットに入ってから、心を休めて瞑想すると質の良い睡眠がとれます。

お風呂でリラックスしている時

生活のスタイルで実践しやすいタイミングでいいでしょう。

無理なく続けることが大切です。

 静かな所

最初は、慣れないので静かな場所が良いでしょう。慣れてきたら騒がしいが所でも集中できるようになりますので、電車やバスの中で立ちながら瞑想してみましょう。

森の中で散歩しながらでも良いでしょう。

まとめ:ストレスに強くなるメンタル作る方法【瞑想】

瞑想には、ストレスを軽減して、心に癒しをもたらし集中力を上げてくれます。

スピリチュアルではなく科学でも実証されていて、脳に良い影響を与えてくれると分かっています。

マインドフルネスな状態になり、他人へ慈悲の心を向けることで、精神状態も安定し穏やかな生活を送ることが出来ます。