40代の美容

美肌の基本は【洗顔】から!正しい洗顔方法

皆さまこんにちは

夢見るキラキラ主婦

萌 リノ (@kirakira_lino_) です。

40代、いわゆるアラフォー世代になると出てくる悩みの中で

『毛穴の皮脂の分泌が増える』『毛穴が開く』『顔全体がくすんで見える』

があります。この年代で誰もが感じた経験があると思います。20代など若い頃は、『 鼻の毛穴が気になる』とか『Tゾーンがテカる』などの悩みがあまりなかったはずですが、いつの間にか、毛穴の汚れやTゾーンのテカりに悩まされている事に気づくと思います。

若い頃にはなかったこの様な悩みを、解消する為には『正しい洗顔方法』が必要です。

今回は、40代アラフォー世代の『正しい洗顔方法』を解説したいと思います。

美肌の基本は【洗顔】から!正しい洗顔方法

美肌の基本は、

1に洗顔、2に洗顔、3、4、が無くて5に洗顔

美容の専門化が言っていた言葉です。毛穴の開きやくすみなど、いわゆる年齢肌の悩みは、洗顔を改善するだけで変わることが出来るという事です。

そもそも、年齢肌の悩みってどうして起こるのか?って考えてみると分かりますが、年と共に衰えてく機能は、新陳代謝や基礎代謝などですよね。それを少しのケアで補ってあげればいいのです。

ここで、『何回も洗えば良いの?』『何でも良いから洗えば良いんでしょ』って思う方いるかもしれませんが、そうではなくここで重要なことは、『自分に合った洗顔方法』を見つけて実践して行くことなのです。

毛穴の開き黒ずみが出来る原因は洗顔にある

自分に合った『洗顔方法』を見つけよう!

まず、自分の肌質をみて、自分の肌に合った洗顔方法を探しましょう。きちんと洗顔を実践していても『乾燥する』『皮脂が増えた』『ベタつく』などの問題が出てしまいます。

肌質別にみる洗顔方法

乾燥肌

アトピー肌の人に多いタイプ。お肌の水分が足りない状態で、カサカサして角質層が厚くなり、お肌の表面が白くなりゴワゴワして硬く、お肌のバリア機能が失われた状態です。

お肌を潤させるための、皮脂分泌が少なく潤いを保つ機能が低下しています。潤わせてカバーが必要です。

オイリー肌

男性に多い脂性肌タイプ。皮脂腺が大きく毛穴の開きが目立ちやすい特徴があります。毛穴の奥の皮脂腺から分泌される皮脂は、お肌の潤いを保つために重要な役割をがあります。しかし、皮脂の分泌も過剰になると毛穴のトラブルの原因になります。

毛穴に油分が多いため、毛穴の日焼けに注意が必要です。

敏感肌

肌のバリア機能が低下している状態。生活習慣や食生活の乱れや、日々のストレスによるホルモンバランスや整理周期などで、お肌が敏感になっている。普通のスキンケアでは、悪影響を及ぼすこともあります。

とても刺激に弱いの状態で、少しの刺激でもヒリヒリしたり赤くなったりします。

毛穴の汚れをスッキリ落とす【洗顔】

基本の洗顔

ダブル洗顔

ダブル洗顔していますか?

汚れには、2種類あります。油性の汚れと水性の汚れです。

油性の汚れは、主に『メイク』『皮脂』などです。メイク汚れはきちんと落とさないと肌トラブルの原因いなります。色素沈着のどによる黒ずみやくすみ、皮脂汚れは、ニキビの原因にもなります。

水性の汚れは、私生活での外的要因による汚れです。日々の生活で、ほこりや何かを浴びてしまったり、汚れた手で触ってしまったり、衛生的な面でもきちんと落とすことをお勧めします。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. ピーリング

クレンジング

クレンジングで、油性の汚れを落とします。

メイクはもちろん、毛穴に分泌する皮脂や油汚れを落とします。メイクや油汚れを洗顔フォームで無理やり落としていたりしませんか?

落ちているようで、完全には落とし切れていません。アイメイクなどしっかりメイクした所は落とすのに時間がかかってしまいます。クレンジング剤を使ってていねいに落としてあげましょう。

やさしく、クルクル

ゴシゴシこすってはダメ!

指の腹を使って、馴染ませるように落とします。ゴシゴシこすってはいけません。『優しくクルクル』が基本です。クレンジング剤はケチらずたっぷり使って、クルクルしていると角栓がポロポロ取れてきます。

あせらず、ゆっくりクルクルしていると、角栓や古い角質もキレイに取れてくすみの改善にもなります。

洗顔

洗顔は、水性の汚れを落とします。

日々の生活によっておこる、外的要因の汚れです。

風が吹いたり、汚れた手で触ってしまったり、何かがかかってしまったり、1日過ごす間に色々な事で汚れています。特に、顔は身体と違って洋服などで守られていません。向き出しの状態で1日を過ごしている訳です。

顔の皮膚はとても薄いです。1日の疲れを癒すべく優しく洗ってケアしてあげる必要があります。

もこもこの泡で、包むように

洗顔フォームを顔の上で泡立てたりしてませんか?

手のひらでこんもり泡立ててから包むように洗います。直接顔につけてしまうと刺激になってしまいます。特に、乾燥肌や敏感肌の方は、十分注意が必要です。

ヒリヒリしたり、違和感がないか注意してたっぷりの泡で洗顔します。手を逆さまにしても落ちないくらいのもっこり、ふんわり泡で包んで洗いましょう。

ピーリング

ピーリングで古い角質を落とします。

年齢と共に新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーが不規則になってしまいます。いつまでも肌表面に古い角質が残っていると、毛穴のつまりが怒り酷いニキビ肌になってしまう事があります。

大人ニキビに多い、口の回りのニキビも毛穴のつまりが原因です。ストレスや疲れなどでホルモンバランスが乱れ、口回りの毛穴の詰まりがおこりニキビが出来てしまいます。

一度ニキビが出来ると、跡になってしまいニキビ跡が消えるのに時間がかかってしまいますので、予防が必要です。

週に一度は、ピーリングでOFF

週に1回から2回ピーリングで角質OFF

普通肌、オイリー肌の方におすすめです。

毎日、キチンと洗顔していても少しずつ古い角質など汚れがたまってしまいます。古い角質は、肌のくすみや毛穴の詰まりの原因になります。週に1回~2回のピーリングで肌表面のリフレッシュをすることで、黒ずみの改善やニキビの予防をすることが出来ます。

シミやニキビ跡を薄くする効果があります。

乾燥肌、敏感肌の方はお肌の状態をみてからあまり刺激しない様にしましょう。

美肌のためにキレイな毛穴を保つには

自分のお肌を観察してあげる

毎日、朝夕2回は顔を洗うと思います。それでもの汚れがいつの間にかたまってしまいます。しっかり観察する事が大切です。優しくお肌を触ってあげると、いつもと違う変化に気づきます。

クレンジングをする時に、指の腹で触った感じで状態を見ます。

  1. ざらざらする
  2. ブツブツする
  3. ゴワゴワする

➀ざらざらする

毛穴に角栓が詰まっている状態で、ゆっくり時間と手間をかけたクレンジングが必要です

②ブツブツする

毛穴の汚れがつまり炎症を起こす少し前の状態で、ピーリングして早急に詰まりを解消しないとニキビになってしまいます。

③ゴワゴワする

古い角質がたまって、肌表面がゴワゴワになっている状態。この状態だとスキンケアの浸透の妨げにもなります。しっかりクレンジング、ピーリングすると柔らかく浸透の良い肌になります。

まとめ: 美肌の基本は【洗顔】から!正しい洗顔方法

赤ちゃんの時は、誰でもフワフワもちもちで透き通ったお肌をしています。いつの間にか、新陳代謝が落ちてしまい、くすんだりニキビが出来たりしてしまいます。

年と共に必要なケアが必要です。

若いうちは、お肌の汚れや疲れもほっておいても勝手にキレイになってくれました。しかし、40代はそう簡単には行きません。丁寧い面倒を見てあげないと、すぐ拗ねてしまいます。

毎日のケアが大切です。美肌の基本は洗顔から見直して、手をかけてあげる事が重要です。

手をかけて見てあげれば、手をかけただけキレイになってくれます。私たち人間は、自身の見ための満足度は、幸せ度に比例すると科学的に証明されています。

肌がキレイになって自分の肌に満足できると幸せになれるのです。

キレイな肌『美肌』を手に入れて幸せも手に入れて下さい。

40代になると、日々のストレスや疲れ、食生活の乱れなどでお肌はとても疲れています。先ずは洗顔から見直して美肌を手に入れて下さい。

RELATED POST